スイスでお仕事ライフ

スイス、チューリッヒで仕事を始めて10数年。職場での日常をつづりたいと思います。

スイスの朝は早い…

     f:id:hamakkonikki:20210803194048j:plain

スイスへ来てびっくりしたこと、それは朝が早いことです。

かれこれ20年ほど前、スイスへ移住してすぐに、とある大きな会社で仕事をはじめました。

ドイツ語がまだ全然できなくて大変なこともあり、続かなかったのですが、試用期間の3か月が終わる時にやめようと思い、上司に伝えるためアポイントを取りました。

彼は地位のかなり高い方であったので、秘書の方に連絡をしたら、

「うーん、ちょっと予定がたてこんでいるので急ぐんであれば、この日の朝6時半にどうぞ。」

と言われ、え~っ、朝の6時半って?とびっくりしたのを覚えています。

スイスの会社では、偉い人ほど朝出社が早いんです。

この上司は、朝6時過ぎにはいつも出社されているそうでした。

通勤時間が短いのも理由かもしれません。

東京のように1時間以上かけて通勤するようなことはめったになく、遠くに住んでる人でも45分くらい、普通は30分くらいでしょうか、平均通勤時間。

仕事は朝早く始めて、早く終わらせたいと考えるんでしょうね。

 スーパーなどは朝7時半、あるいは遅くても8時には開くのが普通です。

チューリッヒ市内のスーパーやテイクアウトのお店などは朝6時には開いてます。

お医者さんなども7時半に予約のお電話をしても大丈夫です。

時たま帰国した時、うっかり忘れていて9時にデパートへ行き閉まっていて、あ~、とため息したことも…

 夏は朝早くから明るいのでいいのですが、冬は暗く朝は9時過ぎないと明るくなりません。

朝の6時半はまるで真夜中の暗さです。

その暗さの中を、上司のオフィスさがして廊下を歩き回った20年前の私。

彼はコーヒーの自販機の前に立っていて、明るい笑顔で

Guten Morgen!  Wie geht´s Dir ?