スイスでお仕事ライフ

スイス、チューリッヒで仕事を始めて10数年。職場での日常をつづりたいと思います。

かぶのランタン祭り

       f:id:hamakkonikki:20211101001446j:plain

今日はハロウィーン、ですね。

スイスでは、ハロウィーンというと、ここ最近でこそ子供たちが仮装して近所を歩き、お菓子を集めて回ったりしますが、昔はなかったそうです。

日本のハロウィーンと同じく、アメリカの真似なのでしょうね。

しかし、ハロウィーンの起源はヨーロッパで、もともとはケルト民族のお祭りだったそうです。

ハロウィーンで使う、かぼちゃをくりぬいて作るジャック・オー・ランタン、あれはヨーロッパでは大きなかぶをくりぬいて作ったそうです。

そう言えば…

11月に入ると、ドイツ語でRäbenと言うこの大きなかぶ、あちこちスイスのスーパーやマーケットなどで売り出されるのですが、食用ではないのです。

大きさとしては、かぼちゃと比べたらずいぶん小型でしょうけれど、日本のかぶと比べたら巨大です。

この巨大なかぶ、、うすい紫色をしていますが、表面に色々な模様を彫刻し、中をくり抜いてろうそくを立てて、ランタンを作るために売り出されるのです。

このかぶで作ったランタンに火を灯し、子供たちが行列を作って歩き回るお祭り、Räbeliechtliumzug が、もうすぐです。

確か、11月の8日とか10日とかそのくらいのはず。

この日は夕方、日が落ちて暗くなってくると、普段なら灯る街頭に電気が灯ることなく真っ暗なままなので、あれ、今日もしかして、と思い出します。

ランタンがきれいに見えるように、わざわざ街頭の電気を消したままにしておくのです。

毎年このランタン祭りを見かけると思い出します…

このかぶのランタン、上の子が幼稚園の年少さんの時、親が呼び出され、作らされたのです!

私はこのかぶがRäbenと言うことも知らず、このランタンのことをRäbeliechtli、とスイスのドイツ語で言うのですが、それも知らず、とにかく夜、幼稚園で父兄会があるので来るように、という先生からのお手紙を読んで、慌てて行ったのです。

スイスの幼稚園や小学校、中学校も、親が集められるのはたいてい夜なのです。

その日の夜、夫は仕事で行かれず、私はわけがわからないままドイツ語のお手紙をを必死に読んで、指定されたように、エプロンとカッターナイフ、クッキーの型などを持参し、幼稚園に一人走りました。

これ、何に使うんだろう?と思いつつ。

そこで渡されたのが、大きなかぶ。

見本として先生が作ったものが飾ってありました。

え~ウソでしょ。

これ私が作るのお???

それまで見たことも聞いたこともないものを、いきなり作れって言われても…

何か、夜お祭りがあって子供たちが集まるというのは聞いていましたが、それにランタンが登場することも、幼稚園の年少さんには作るのはちょっと難しいので、親が作らされるということも、全く知りませんでした。

まず、かぶの上から2センチくらいの所を、ちょうど蓋になるように、切り取ります。

そして、表面に、クッキーの方などで、星形やお花型など、模様を付けます。

そして模様の中の表皮を薄く削り取ります。

模様を削ったら、中身をくり抜いていきます。

底の部分にろうそくが立てられるよう、下から釘をさします。

ろうそくを中に入れて、釘にさします。

手に持てるようにひもを通すため、かぶの上の方に3か所穴を開けてひもを通します。

2時間くらいかかって汗だくになった記憶があります…

もう必死。

この時しかし、アメリカにいた時作ったジャック・オー・ランタンの経験が役に立ったと思います。

かぼちゃより小さく柔らかいので削りやすく、かぶの方が作りやすいかも。

でもその分壊れやすいので要注意です。

皮をぐさっと突き破ってしまうと、作り直しですから…

必死で作ったランタンを持って家路を急いだのは、もう夜10時を回っていました。

上の子は次の朝、私の作ったランタンを見て大喜び!

「ママ、よーくできたねえー!」

と大騒ぎでした。

子供心にも外国人のうちのママ、作れるかなあ、と半信半疑だったのだと思います。

お祭りの日、子供たちの行列の後を親もぞろぞろ着いて歩かされました。

小一時間ほど真っ暗な夜の森の道を、歌を歌いながら。

今となっては良い思い出です… ハイ。

                                                   f:id:hamakkonikki:20211031235759j:plain